音楽サーバーに必要なこと

音楽サーバーを構築、もしくは購入して音楽を楽しむ方が増えています。市販製品の場合は独自プロトコルで専用のスピーカーなどを利用して楽しむ、オーディオコンポのような形式が多いのですが、Linuxを利用すれば比較的スペックの低いパソコンを使って手軽に音楽サーバーが作れます。音楽サーバーで必要なことはプロトコルです。itunesなどではDAAPと呼ばれるプロトコルが採用されており、Linux対応の音楽アプリケーションの多くが対応しています。

DAAPに対応するとWIFIなどを経由してネットワーク越しに音楽データをやりとりできます。NASでファイルのやり取りをするのと同様に音楽に特化させて利用できるのです。itunesで採用されていることで、多くのデバイスが対応しているのも特徴です。DAAPを利用できるアプリケーションは多数ありますが、サーバーとして動作するのはLinuxに多く対応しています。

中には最初から専用で動作するように設定されたディストリビューションもあり、多くの利用者がいます。また、デスクトップ用のディストリビューションであるlinuxmintでは初期にインストールされ、サーバーとしても動作するように設定されています。音楽ように設定する理由としては手軽に楽しめるだけではなく、USBDACを利用することでより高音質な音楽を楽しめるからです。ビットレートなども自由に設定できるので使い勝手が大変良くなっています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.