サーバーのバックアップ

サーバーに格納されているデータは、利用者があやまって消去してしまうということもありますし、ディスクの不具合によって消失してしまうということもあり得ます。そのため、あらかじめ別のストレージにバックアップを取得しておくということはきわめて重要であるといえます。レンタルのサーバーであれば、業者のほうでも定期的にバックアップをしているはずですので、もしもサーバーそのものの故障などが原因でデータが消失した場合には、そのバックアップファイルから復旧させることが可能です。また、利用者の過失でデータが消失した場合であっても、業種に申し出て、バックアップファイルから復元をしてもらうことも、場合によっては可能かもしれません。

しかし、この場合はデータをまるごとバックアップしたものですので、たとえばパスワードだけであるとか、特定のホームページの内容となっているデータベースのデータだけといった、個別的な対応はできないのが通例です。そこで、利用者のほうでも、ひんぱんに利用するようなデータは、管理ツールに標準的に含まれているバックアップ機能を使って、個別にバックアップをしておくことがすすめられます。ブログの記事であればかんたんにエクスポートできる機能があるのが一般的ですし、ホームページでもデータベースを活用して構築するようなものであれば、データベースのなかから必要なデータのセットだけをバックアップするということも可能です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.