認定駐車場のメリット

市街地の店舗などでよく見かける自走式のプレハブの立体駐車場などは、建築基準法に定める工作物ではなく、建築物としての扱いを受けています。

人気な認定の駐車場情報に関する耳より情報を公開しています。

そのため、簡単に新築ができそうに見えてもそうではなく、建築確認申請をはじめとする、行政に対するさまざまな手続きをあらかじめしなければならないほか、その構造や設備などについての制約条件も大きなものです。
手続きや規制が煩雑になれば、それは建築費用や工期にも影響してくることは、もちろんはじめから考えておかなければならないところといえます。



こうした立体駐車場のなかには、大臣認定駐車場とよばれる一連の製品が存在しています。

認定駐車場とは、建築基準法の規定により、国土交通大臣が定める技術的基準に適合していると認められたものを指しています。



国がその構造や防災上の性能などをあらかじめ確認して、基準に合致していることを認めた製品のため、内部に設置しなければならない防災設備などの基準が緩和されているほか、建築確認に要する期間や工事の期間が比較的短くなるなどのメリットが期待できます。


現在では、5層6段の、いわゆる5階建ての立体駐車場までであれば、大臣認定を受けている製品がありますので、比較的規模や台数が大きい場合でも、十分に対応が可能なことがあります。
それ以上の規模の場合でも、個別認定とよばれる制度があり、新築をするにあたって、特定の敷地と物件にだけ適用される認定を求めることは可能です。