認定駐車場には低コストというメリットがあります

正しくは「国土交通省大臣認定駐車場」という名称です。商業施設などを建てるときには駐車スペースの設置が義務付けられるケースがありますが、商業施設側としてはできるだけコストを抑えて駐車場を設置したいと考えるものです。


認定駐車場はその目的をかなえるためにある方式と言えます。

認定の駐車場が気になる方に必見の情報です。

プレハブの立体駐車場も建築基準法によって「建築物」と分類されており、一定の基準が決められています。

普通に考えますと多くの人が集まる場所ですのでリスクの面から当然の対応ですが、コストの面で考えますと負担が増えることにつながります。



そのコストをできるだけ抑えることができるのが「認定」という言葉の重みですが、「認定」がつくことによって規制の面でいろいろな緩和を受けることができます。
例えば、主要構造部の構造方法や特定防火設備の内容について「認定」を受けることで防耐火における高い安全性が担保されていることの証明になり、主要構造部の耐火被覆を省略することができ、消火設備も簡易にすることができるようになります。

つまり、コストをかけずに建築することができることを意味しています。



具体的には自走式のタイプにはフラット式、スキップ式などがあり、それぞれに特徴があります。フラット式は平面の駐車場と専用のスロープを組み合わせたタイプですが、運転の初心者でも利用しやすいのが特徴です。


スキップ式は段違いの平面駐車スペースをスロープで接続したタイプです。動線が単純ですので安全性に優れているというメリットがあります。