認定駐車場を建設する事業者のメリットとは

認定駐車場とは、防耐火の基準や構造の基準などに関して国が定める安全性の基準を満たすものとして国土交通大臣が認定する駐車場のことをいいます。

この認定の内容については、防耐火に関して国土交通省が定める基準をクリアする高い安全性を担保する構造方法等を用いたものについて行われるもの、基礎部分を含めた構造、部材等に関して国土交通省が定める型式基準をクリアするものについて行われるもの、型式のような一般的なモデルではなく個別の案件に関して当該敷地で当該構造で作られるものについて行われるものがあります。

それぞれの駐車場認定のメリットとしては、まず、防耐火については、消火設備の簡素化などのメリットを享受することができ、消防設備にかかる建設コストをダウンして建設することができる点にあります。

次に、型式については、型式にそった構造にすることで単純に安全性が高まることに加えて通常は費用と時間のかかる構造計算の審査を受けることを省略することが可能となる点にあります。

認定の駐車場が気になる方に必見の情報です。

そして、個別の案件については、上記の一般的な認定とは異なり、自由な設計が可能となる点で、一般的なものでは認められないような1階や2階を店舗として、その上を駐車場とするような自由な設計についても対応可能となり、認められたならば建設コストを抑えることが可能となります。



これらのことから国土交通省の定める基準にそった駐車場を建設することで建設に係るコストを抑えることができる点にこの制度の事業者側のメリットがあることになります。